三洋電機は、2011年3月期連結決算の通期業績見通しの修正を発表した。

売上高、営業利益、税引前当期純利益は前回予想を据え置いたものの、最終利益を50億円と予想していたが250億円の赤字に下方修正した。

子会社の三洋半導体の全株式と三洋半導体に対する貸付金債権をオン・セミコンダクター・コーポレーションの100%子会社に売却する契約を締結。これに伴って譲渡関連損失などが約300億円発生するため。