JPSロータスを連想する

来季のルノーF1が「ロータス・ルノーGP」として活動する事が発表された。マシンのカラーリングは黒ベースに金色のピンストライプと、往年のJPSロータスを彷彿とさせる。

今年、ルノーF1はジニーキャピタルにチーム株式の大半を売却したが、マレーシアのプロトンが所有するグループ・ロータスが、その過半数をを取得した。新たな提携を結ぶ事でチームは財政基盤を強化することになるだろう。

いっぽう「チーム・ロータス」としてトニー・フェルナンデスのチームが今年からF1参戦を果たした。フェルナンデスのチームは、2011年もロータスの名前を名乗れるかどうかハッキリしていないばかりか、今後は名称やカラーリングを含めて使用権の争いが泥沼化していきそうな気配だ。