5日午前10時30分ごろ、岐阜県各務原市内の堤防道路(市道)で、前走車を追い抜き、自車線に戻ろうとした軽乗用車が、さらに前にいたトラックに追突。この2台が路外に転落する事故が起きた。この事故で1歳の女児を含む3人が死傷している。

岐阜県警・各務原署によると、軽乗用車は前走車を追い抜こうと対向車線側へ進入。追い越した後に元の車線へ戻ろうとしたところ、さらに前を走行していたトラックの後部に追突した。

軽乗用車は急ハンドルを切った弾みで道路右側の路外に逸脱。約5m下まで転落し、この際に1歳の女児が助手席の窓から車外に投げ出された。女児は近くの病院に収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。運転していた32歳の女性も打撲などの軽傷を負っている。

また、トラックは押し出されて道路左側の路外に逸脱し、さらに約2m下の駐車場へ転落。中破炎上した。運転していた男性は延焼前に車外へ脱出したが、打撲などの軽傷を負い、病院で手当てを受けている。

現場は各務原市前渡西町付近で、木曽川の北側堤防上。警察では軽乗用車側の強引な追い抜きが事故につながったとみて、運転していた女性から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞く方針だ。