燃料電池車

ゼネラルモーターズ(GM)は、ハワイのガス供給会社ザ・ガス・カンパニーと10の団体・大学と提携し、2015年までにハワイへの燃料電気自動車(FCV)向けに水素供給インフラを整備する共同プロジェクトを展開する。

プロジェクトは「ハワイ・ハイドロジェン・イニシアチブH2I)」で、オアフ島に水素燃料の供給インフラを整備、2015年までに諸島にいる100万人の住民に水素燃料を安定供給する。島内に20〜25の水素ステーションを戦略的に設置する計画で、ハワイ州の石油への依存を軽減する実験となる。

すでにガス・カンパニーは年間約1万台のFCVに必要となる水素を生産しており、生産量の増産も可能。島内では既存の天然ガス用配管を利用して水素燃料を供給する。

ハワイで利用される石油のうち、現在、海外からの輸入が90%を占めている。住民はガソリン価格の高騰に苦慮している。このため、再生可能なエネルギー資源の活用や省エネ、エネルギー効率の改善などで、非石油使用を70%にまで引き上げる計画で、水素燃料インフラ設備を構築して脱石油を支援していく。

燃料電池車 燃料電池車