スイフト

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会がまとめた11月の新車販売台数は、前年同月比25.9%減の32万3600台と大幅マイナスとなった。

エコカー補助金が9月で打ち切りとなり、需要を先食いしてきた反動減で大幅マイナスとなった。

ブランド別ではトヨタが同34.3%減の9万6874台だった。シェア2位はスズキで同10.5%減の4万6171台、3位が日産で同17.4%減の4万1894台だった。4位はホンダで同36.8%減の4万1435台と僅差で並ぶ。

5位がダイハツで同20.5%減の4万0579台、6位が三菱自動車で同8.4%減の1万2127台、7位がスバルで同25.6%減の1万0695台だった。

8位はマツダ、9位がいすゞ、10位が日野、11位が三菱ふそう、12位がレクサス、13位がUDトラックスとなった。