LEKIR

プロトンは3日、マレーシアで開幕したクアラルンプールモーターショーにおいて、コンセプトカーの『LEKIR』を初公開した。ロータスが年内に生産を終了する『ヨーロッパ』(日本名:『ヨーロッパS』)のプロトン版だ。

現行ヨーロッパは、2006年にデビュー。『エリーゼ』をベースにした上級スポーツクーペの位置づけだ。ミッドシップには、2.0リットル直列4気筒ターボ(200ps)を搭載。2008年には、最大出力が220psへ引き上げられている。

このヨーロッパが、年内に生産を終える。2008年の『エヴォーラ』デビュー以降、ヨーロッパの販売は低迷しており、事実上、エヴォーラにバトンを渡す形で、ヨーロッパはその生産を終えるはずだった。

ところがロータスの親会社、プロトンは今回、ヨーロッパにプロトンバッジを付けたコンセプトカー、LEKIRを披露。スタリングはほぼヨーロッパを踏襲しており、エンジンは2.0リットルと1.6リットルを搭載するという。

LEKIRは現時点ではコンセプトカーであり、プロトンから市販に関するアナウンスはない。しかし、同社はマレーシア国内で、このLEKIRを販売する計画と伝えられている。

LEKIR LEKIR