京都市役所に並べられた参加車達。先頭はマセラティA6

17回目を迎える『MASERATI DAY』が12月4日から5日にかけて、京都市内で開催された。主催はMaserati Club of Japan。

1993年に発足したMaserati Club of Japanは、新旧マセラティを愛好する人であれば、オーナーに限らず会員になれる開かれたクラブである。また、本国のマセラティ社やマセラティ・ジャパン、コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドの公認クラブに位置付けられている。そして、今回開催されたMASERATI DAYは、全ての会員とその家族が、"パレードラン"、"ディナーパーティ"、"コンクールデレガンス"などを、マセラティを介し、集い楽しむというものだという。

初日である4日は京都市役所に集合。市役所のエントランスに展示された40台以上もの新旧マセラティが並ぶ壮観な眺めに、行きかう人は目を奪われていた。また会場には市長も出席し、京都市全面協力のもと開催された。

初日夜のディナーパーティの前にはアドルフォ・オルシ氏の講演が開催された。氏はマセラティ社の2代目オーナーの孫にあたり(初代はマセラティ兄弟)、現在はクラシックカーの鑑定や購入のアドバイス等、クラシックカーに関わる仕事を執り行っている。氏の講演内容は、マセラティ兄弟はどういう生い立ちだったか、また、その兄弟が興した最初の会社の成り立ちに始まり、その後、会社はどういう運命辿るのか、そして、オルシ家がオーナーになってから、どういうクルマが作られたかなど、当時の貴重な写真とともに語られ、その内容は非常に興味深く、会場にいる多くの会員たちは時を忘れ聞き入っていた。

2日目は下賀茂神社流鏑馬場へ場所を移し、オーナーインタビュー等が行われた。落ち葉の上を新旧マセラティが展示されるさまは、非常に写真映えし、たまたま観光で訪れた人たちもにわかカメラマンと化し、熱心にシャッターを押していたのが印象的であった。

17th MASERATI DAY開催 開催1日目は京都市役所にて 会場にて挨拶するアドルフォ・オルシ氏(左)とMaserati Club of Japan会長の越湖信一氏 このクワトロポルテ(左)は新車当時の正規ディーラーであった新東洋企業が数台輸入した中の1台である。右はセブリング ボーラ(右)、ギブリ(中、左)も参加。 現代のマセラティも参加。3200GT達 最近のクワトロポルテも参加。この会場には非常に似合っていた。 マセラティ兄弟が後に興したOSCA。MT4(右)と、後年バブル期に日本で復活しようとした際に作られたOSCAドロモス(左) コンクールデレガンスで優勝したミストラルスパイダー。後ろは同車のクーペボディ 赤いギブリ(左)と赤いシャマル(右) 珍しい黄色の222SE