エストーケ

ランボルギーニが、2008年秋のパリモーターショーで初公開した4ドアスポーツコンセプト、『エストーケ』。同車が市販される可能性が出てきた。

これは英国の自動車メディア、『AutoCar』が報じたもの。同メディアの取材に応じたランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「我々は、新たなカテゴリーへ参入する。それは、SUVか4ドア・4シーター車のいずれかだ」と話したという。

さらにヴィンケルマン社長兼CEOは、「しかし、SUVはランボルギーニの価格帯ではニーズがない。4ドア・4シーターのエストーケには、我々の予想を上回る好意的な反応が寄せられた」と語ったとのことだ。

4ドア・4シーターの高級スポーツカー市場は、ポルシェ『パナメーラ』やアストンマーチン『ラピード』が参入。ロータスカーズも今年のパリモーターショーにおいて、コンセプトカーの『エテルネ』を披露するなど、盛り上がりを見せている。

ただし、ランボルギーニはエストーケの市販を最終的に決定したわけではない。ライバルの売れ行きを見ながら、市販に向けた検討を重ねていくものと思われる。

エストーケ エストーケ エストーケ