企画展示「EV/PHVで変わるインフラと周辺ビジネス」

CO2排出削減を目指すための取り組みの中でも、効果が大きく期待されているのが、クルマの動力部の進化だ。テーマコーナーでは、EVやプラグインハイブリッド(PHV)の普及時に必要となる充電インフラに関する展示が行われた。

EVやプラグインハイブリッド普及に際し、現状で早急に解決すべきポイントは、充電のインフラ整備で、中部電力グループの愛知電機は、充電スタンドを展示。

セキュリティとセーフティに配慮した屋外設置用で、「いたずらの防止雨天時などで濡れた手で触れても大丈夫なように、コンセントの扉が開いているときは通電しないように設計されています」(愛知電機 説明員)と、設置場所の自由度の高さを訴えていた。

ブースには、インフラだけではなく、韓国のEVメーカーCT&Tが製造し日本自動車公正検定協会が販売する『e-ZONE』も展示された。経済性と安全性を謳い、シティコミューターとしての優位性をアピール。隣接するブースで展示していたカーシェアリングも含めて、カーライフの緩やかな変革を示していた。

企画展示「EV/PHVで変わるインフラと周辺ビジネス」 企画展示「EV/PHVで変わるインフラと周辺ビジネス」 企画展示「EV/PHVで変わるインフラと周辺ビジネス」 企画展示「EV/PHVで変わるインフラと周辺ビジネス」 企画展示「EV/PHVで変わるインフラと周辺ビジネス」 企画展示「EV/PHVで変わるインフラと周辺ビジネス」