未来の充電ステーション「e-den」をデザインマイアミショーで公開

アウディは、デザインマイアミショー(12月1〜5日)で未来の充電ステーションの展示を行った。1950年代のアメリカのガソリンスタンドを連想させる古いガソリンポンプが、博物館のように過去の遺物として展示された。

この充電ステーションは、ミュンヘンを拠点とするデザインスタジオのミルコボルシェが製作。充電ステーションにはアウディ『e-トロンスパイダー』が展示され、店内には、木製の家具に観葉植物、自然食品、雑誌や本など、フェアトレードプロダクツやサステナブルな素材を備えた居心地の良いオアシスとしている。

デザインを担当したグラフィックデザイナーのミルコボルシェは「私は、e-トロン スパイダーを我々のビジョンの象徴としてステージに置きました。ここで大いに注目すべき点は、居心地の良いインテリアと未来志向のエクステリアという、対比的な要素が相互に共存している点で、それを個人的なレベルで体験できるということです」と述べた。

また、アウディAGのマーケティング&セールス担当取締役ペーター・シュヴァルツェンバウアーは「この充電ステーションを製作した目的は、エレクトロモビリティを実現する上での幅広い課題に対する人々の関心を高めるためです。そして、電気自動車そのものだけではなく、エレクトロモビリティをサポートするために構築しなければならないインフラに関しても、皆さんに考えて頂くためのきっかけを投げかけるためです」と述べている。

未来の充電ステーション「e-den」をデザインマイアミショーで公開 未来の充電ステーション「e-den」をデザインマイアミショーで公開 未来の充電ステーション「e-den」をデザインマイアミショーで公開