ジューク 16GT FOUR

『ジューク 16GT FOUR』は、高性能な1.6リットルターボ+4WDと、スタイルのみならず性能にも磨きをかけたモデルだ。走らせて素直に実感できるのは「走りが気持ちいい」という点。

YUMINGの初期の曲に“高速道路が空に続く滑走路”といった歌詞があったが、横浜ベイブリッジで体感した「スポーツモード」での胸のすく加速感は、まさにそんな風だった。

ベース車の1.5リットルの性能も個人的には不満はないが、コチラのハツラツとした走りっぷりもおおいにソソられる。左右方向のトルク配分も制御(メーター表示で制御量が目視できる)する新しい4WD機構の効果も絶大で、高速コーナーのライントレース性の高さ、安定感も惚れ惚れするほどだ。

4WDのみリヤがマルチリンクだが、高速走行時の引き締められつつもピッチングのないフラットライドも特徴だ。フードが見え、Aピラーの位置や運転姿勢が自然で、適度な包まれ感もあるなど、カタチは奮っているが、ジドウシャとしての基本が意外にもキチンとおさえてあるのもいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

ジューク 16GT FOUR ジューク 16GT FOUR ジューク 16GT FOUR ジューク 16GT FOUR ジューク 16GT FOUR