1日午後5時10分ごろ、香川県三豊市内の県道で75歳の男性が倒れているのを通行人が発見。警察に届け出た。男性は通過してきたクルマにひき逃げされたとみられ、収容先の病院で死亡。警察は翌2日に出頭してきた81歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

香川県警・三豊署によると、死亡したのは同市内に在住する男性。路肩に止めたクルマから車外に出たところ、進行してきたクルマにはねられたとみられる。

男性は近くの病院に収容されたが、胸部強打などが原因でまもなく死亡。警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始したところ、翌2日に同市内に在住する81歳の男が「物損事故を起こした」として警察に出頭してきた。

男が「事故を起こしたかもしれない」として告げた場所は、死亡した男性が倒れていた場所の近く。乗っていた軽ワゴン車に衝突痕も確認できたことから、警察はひき逃げの容疑者と断定し、自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

現場は三豊市詫間町香田付近で、片側1車線。調べに対して男は「当たったのはクルマで人ではない」として容疑を否認しているようだ。死亡した男性の乗っていたクルマや、近くの電柱などに衝突痕は確認されていないという。