現行バイパー

クライスラーグループが、開発を進めているダッジ『バイパー』後継車。その発表が、2012年夏になることが決定した。

これは米国のメディア、『デトロイトニュース』が1日に報じたもの。同メディアの取材に応じたクライスラーグループ・ダッジブランドのラルフ・ギレスCEOは、「バイパー後継車は計画通り開発が進んでおり、2012年夏には発表できるだろう」と語ったという。

また同CEOは、バイパー後継車について、注目できる情報を明かした。それは、「アルファロメオやフェラーリとは、まったく違うモデルになる」という点だ。

バイパー後継車に関しては、「アルファロメオが2006年に発表した『8Cコンペティツィオーネ』の車体がベースになる」とか、「エンジンはフェラーリ製」など、さまざまな情報が飛び交っていた。同CEOはこれらの噂を否定したのだ。

ラルフ・ギレスCEOは、「バイパー後継車は、完全なオリジナルモデル」と強調。さらに、「ロングノーズにキャビンを後退させた、バイパーならではのデザインとなる」と語り、エンジンについても、「新開発か、既存の8.4リットルV10の改良版になる」と明かしたという。

ここまで聞けば、次期バイパーはクライスラーが資本提携を結んだフィアットグループとは、関連のない独自モデルになるとの印象を受ける。しかし、同CEOは「フィアットはスポーツモデルのチューニングに関して、高度なノウハウを持っている。過去のバイパーになかったスタビリティコントロールの類を、次期モデルには採用する可能性がある」と語ったとのことだ。

今年7月、18年の歴史に幕を下ろしたバイパー。その後継車は、大きく進化して再び姿を現すことになりそうだ。

現行バイパー 現行バイパー