新世代ボクサーエンジン

富士重工業は、12月9日〜11日に東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロダクツ2010」に出展すると発表した。

同社として3回目の出展となる今回は「明日の地球に愉しみを」がテーマ。複数の事業を展開する富士重の独創的な先進技術と、地球環境保全の取り組みとの融合を訴求する。

自動車部門は、21年ぶりに全面刷新した低燃費エンジン「新世代ボクサーエンジン」と同エンジンを搭載した『フォレスター』を展示する。水平対向レイアウトはそのままにしながら燃費を約10%改善したエンジン。

航空宇宙部門は『ボーイング787』の中央翼に使用されている複合材の模型を展示し、実際に触れてもらうことで、複合材の軽さや強さをアピールするコーナーを設置する。

また、エコテクノロジー部門は、電動式塵芥収集車『フジマイティーエレクトラ』や2000kWの風力発電システム「SUBARU 80/2.0」をパネルで紹介する。

ブース展示のほか、会場内のエコカー乗車体験コーナーでは、電気自動車(EV)の『スバル プラグインステラ』の同乗試乗も行う。

フォレスター プラグイン ステラ