ロスホワイト

ホンダは、スーパースポーツモデル『CBR600RR』のカラーリングを変更し12月10日から発売する。

2011年モデルのCBR600RRは、車体色に、白を基調としたボディにブルーとレッドを合わせたトリコロールイメージを創出する「ロスホワイト」と、レッドとブラックの「ヴィクトリーレッド」を採用する。視覚的な魅力を追求した。販売目標は年間350台。

価格はCBR600RRが109万8300円。

ヴィクトリーレッド