458チャレンジ

フェラーリは2日、イタリアで開幕したボローニャモーターショーにおいて、『458チャレンジ』をワールドプレミアした。

458チャレンジは、『458イタリア』をベースに開発されたレース専用車。従来の『F430チャレンジ』の後継車にあたり、2011年シーズンからワンメークレース、「フェラーリチャレンジ」に投入される。

直噴4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンはそのままに、最大出力570ps/9000rpmを発生。変更を加えたのは、 デュアルクラッチF1トランスミッションのギアレシオ。さらに、フェラーリのレース専用車として初めて、電子制御ディファレンシャルの「Eデフ」を装備し ている。

また、歴代フェラーリチャレンジモデルとして、初めて「F1トラック」を装備。これは、タイヤのグリップレベルを常時モニターし、路面がウェットかドライかによって、最高のトラクションを確保するシステムだ。

軽量化も促進されており、ボディパネルの薄厚化、カーボンファイバー&ポリカーボネートの採用などを実施。サスペンションには強化スプリングやシングルレートのアルミ製ダンパーが組み込まれ、車高は50mmローダウン。ブレーキは 『599XX』にも導入されたブレンボ製の最新カーボンセラミック、「CCM2」だ。タイヤはピレリ製19インチスリックを装着する。

458チャレンジは2011年、ワンメークレースの「フェラーリチャレンジ」でデビュー。欧州と北米に加えて、新たにアジアパシフィックシリーズも開催される。フェラーリは新型の実力について、「フィオラノのテストコースでのラップタイムは新記録の1分16秒5で、F430チャレンジを2秒上回った」と説明している。

458チャレンジ 458チャレンジ 458チャレンジ 458チャレンジ 458チャレンジ 458チャレンジ 458チャレンジ