ダイハツ工業は2日、『ハイゼット』『ハイゼットデッキバン』『アトレーワゴン』3車種のイグニッションキーシリンダーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2007年7月26日〜08年1月31日に製作された2万6912台。

イグニッションキーシリンダーの製造工程で、規格を超える鉛が誤って混入したものがあるため、水分を含んだ泥等が侵入すると強度が低下し、キーシリンダーが破損し、キー操作ができなくなる。

全車両、イグニッションキーシリンダーを良品と交換する。なお、ドア等のキーシリンダーもあわせて新品に交換する。

不具合発生件数は119件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。