ナビタイムジャパンブース

ナビタイムジャパンのブースでは、電車やクルマ、徒歩など様々な交通手段を使って、最適なルートを案内するトータルナビの説明を中心に、ドライバーのためのWND(ワイヤレス・ナビゲーション・デバイス)と、携帯・スマートフォン用ナビタイムを展示。

「UIなどに多少の違いはありますが、ほとんどのプラットフォームで使用できるように開発を行っています。」(ナビタイム説明員)と胸を張るだけあって、iPhoneやアンドロイド携帯での体験ができるようになっている。

トータルナビやドライブサポーターの機能解説が中心だが、「プラグインハイブリッドの充電器との連携による、クルマの走行可能距離や時間を加味し、充電ポイントへの案内や他の交通機関などへの乗り継ぎを含めた次世代ナビも構想中」(ナビタイム説明員)と、展示にはないがナビタイムの将来像も聞くことができた。

自社で車載専用機(『CAR NAVITIME』)を発売するなど、カー用途に力を入れているが、展示ブースでも実機を展示し体験できるようにしている。展示中央には、WNDを法人向けにチューニングした運行管理システムを提案。WND搭載車による位置情報を中心に、道路情報による最適ルートなど、トータルでの運行管理を提供できるとしていた。

「ナビタイムで提供している道路情報を含めて、トータルでの管理を行えるのが強みです。ユーザーが必要とするコンテンツをセレクトして、企業ごとに最適なソリューションを提供していきます」(ナビタイム説明員)。この新サービスは、2011年春頃には稼働する予定とのことだ。

ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース ナビタイムジャパンブース