スカイマークは、今後の国際線事業への進出に向けてと、社会的責任の一環として日本航空の退職者を対象に採用活動を開始すると発表した。

経営破たんし再建中の日航は、人員を削減するため希望退職者を募集したものの目標に達しなかったことから、今後は解雇する予定。

スカイマークは今後、国際線事業に進出する計画もあって、リストラ対象の日航社員の受け皿となる。

スカイマークは運航乗務員約120人、整備士約50人、客室乗務員約100人を採用する計画だ。