Android セットトップボックス試作機

KDDI研究所は、Googleのモバイル端末向けOS「Android(アンドロイド)」を搭載した端末として初となる日本ケーブルラボ運用仕様/IPTV フォーラム技術仕様に準拠したSTB(セット・トップ・ボックス)を試作した。

アンドロイド・プラットフォームをSTBに採用することで、STBと携帯端末との間でのアプリケーションやサービスが連携できるほか、コスト低減や開発期間の短縮が期待できる。また、ケーブルテレビとIPTVの両方に共通プラットフォームとして採用することで、ポータルや番組表などの基本STB機能、情報家電やクラウドとの連携など幅広いサービスを横断的に展開することができる。

同研究所では、試作した次世代STBを活用して、次世代に適したアーキテクチャや通信・放送連携アプリケーションを検証する。

基本機能はIPTVフォーラム技術仕様準拠のIPマルチキャスト・VOD受信機能、日本ケーブルラボ運用仕様に準拠したケーブルテレビ放送の受信機能を備え、アンドロイド上のソフトウェアとして通信・放送連携アプリケーションの構築・提供が可能。

試作したSTBは12月1日〜3日にパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「組込み総合技術展2010」に出展する。

Android セットトップボックス試作機