ミルイラ

静岡県浜松市のTakayanagiは12月1日、「ニュークラシカルデザイン」をコンセプトに開発を進めてきたマイクロEV『ミルイラ』を発売すると発表した。ミルイラは浜松市が位置する遠州地方の方言をモチーフとした車名で、「みるい」が「幼い」、「ら」が「〜でしょう?」という意味を持つ。

浜松市周辺は古くから輸送機器産業を中心に発展してきたが、近年は生産量の減少、製造コストの削減に加え、大手メーカーの海外への生産拠点移転もあり、低迷から抜け出せず、ものづくり技術の蓄積・継承が困難になっている。ミルイラはこうした状況を、新たな産業の創出により食い止めたいという想いのもと、3年前から開発が続けられてきた。

オートバイの50ccに相当する原付一種クラスのミニカーEVで、全長2180mm、全幅1280mm、全高1150mm、ホイールベース1515mmとコンパクトなボディを持ちながら、アルミパイプ製フレーム、ダブルウィッシュボーン式4輪独立懸架サスペンションなど、本格的な内容を持つ。

モーターは自社開発・製造の直流直巻式を2個搭載しており、左右輪を別々のモーターで駆動することで、デファレンシャルギアを不要としている。バッテリーは密閉式鉛電池を6個搭載し、家庭用アース付きAC100V電源で充電可能。満充電までの所要時間は12時間で、航続距離は一般的な市街地走行で35kmとなっている。

ハンドメイドのため受注生産体制をとっており、納車までの期間は3ヶ月、初回納車は2011年4月を予定している。価格は630万円で、購入はホームページ等で受け付ける。浜松市近郊では試乗会の開催を企画しており、遠方の顧客には説明・試乗に伺うとしている。

ミルイラ ミルイラ ミルイラ ミルイラ