出光興産は、11月の石油製品の卸価格の改定幅を発表した。

11月の全国平均のガソリン卸価格は、前月との比較で変動しなかった。原油調達コストは上場気味だが、販売競争が激しいため、全体的な卸価格は据え置いた模様だ。

軽油の卸価格は1リットル当たり1.2円引き上げた。灯油も1.1円の引き上げ、A重油が1.3円の引き上げとなり、ガソリン以外は卸価格は引き上げた。