中国新工場起工式

ヒュンダイは11月28日、中国・北京で、同社としては3番目の現地工場の建設に着手した。

これは北京汽車との合弁会社、BHMC(北京・ヒュンダイ・モーター・カンパニー)が北京市に建設を始めたもの。2012年7月に完成予定で、年間40万台の車両生産能力を持つ。すでに稼働中の2工場を合わせると、ヒュンダイの中国現地生産能力は、年間100万台に到達する。

新工場の起工式において、ヒュンダイのチョン・モング会長兼CEOは、「今日は我々にとって、大変重要な1日。中国での年産能力100万台が約束されるのだから」と、胸を張った。

BHMCは2002年に設立。今年1〜10月累計新車販売は、中国での旺盛な需要に後押しされ、過去最高の56万9787台を記録している。