ヤマダ電機が、三菱の i-MiEVを販売開始した

三菱自動車と家電量販店最大手のヤマダ電機は1日、三菱の電気自動車『i-MiEV』を試験的に販売する覚書を締結、同日からヤマダ電機の東京都、神奈川県、埼玉県の17店舗で i-MiEVを販売すると発表した。

ヤマダ電機は、スマートハウスビジネスの一環として i-MiEVを販売するEV専任販売員を配置。また、12月4日からはテックランド横浜泉店(神奈川県横浜市泉区)で i-MiEVの常設展示場を開設するほか、今後太陽光発電システムから充電設備の設置まで、トータルソリューションを提案、試乗イベントを含め積極的にPRしていく。

ヤマダ電機でのEV販売提携は、今年4月にさいたま市で開催された「第1回E-KIZUNAフォーラム in さいたま」に両社が出席、EVの普及促進が低炭素社会の実現に重要な役割を担っているとの認識で一致し、家電量販店でのEV販売の可能性について交渉したのが始まり。

ヤマダ電機は、将来、EVが蓄電機能に加え給電機能も持つことで、家庭での電力供給・消費を効率的に行う際に重要な役割を担うことが予想されることから、EV販売に率先して取り組み、スマートハウスビジネスでのトータルソリューションを提案していく。

一方の三菱自動車は、11月に家電量販店のビックカメラと提携し、i-MiEVの展示や紹介販売を開始したばかり。EVの販売では家電業界と積極的に手を組むことで、新しい需要層を開拓する構えだ。