イメージ

11月28日午前6時ごろ、神奈川県横浜市鶴見区内の国道1号で、国道を進行していたバイクと、横断しようとしていた自転車が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた男性が死亡。自転車の男性も意識不明の重体となっている。

神奈川県警・鶴見署によると、現場は信号機が設置された交差点。バイクは減速しないままバイクと衝突。弾みで転倒し、道路左側のガードレールに激突した。

この事故でバイクを運転していた川崎市幸区内に在住する39歳の男性が全身強打でまもなく死亡。自転車に乗っていた72歳の男性は頭部を強打。近くの病院に収容されたが、意識不明の重体となっている。

現場は横浜市鶴見区岸谷2丁目付近で、片側2車線の緩やかなカーブ。昼夜を問わず交通量の多い区間となる。警察では当時の信号表示状態について調べを進めている。