A6新型

アウディは1日、新型『A6』の概要を明らかにした。先進のテクノロジーや軽量ボディ、スポーツシャシーなどを採用し、エグゼクティブセダンの新基準を打ち立てる。

新型のデザインは、現行型の延長線上にあるものといえるが、『A7スポーツバック』に見られるアウディの最新トレンドを導入。スポーティかつダイナミックなフォルムを構築する。

ボディサイズは全長4920×全幅1870×全高1460mm、ホイールベース2910mm。現行モデルと比較すると、新型は5mm短く、15mmスリムで、20mm背が低い。しかし、ホイールベースは65mm延ばされており、後席乗員の快適性が引き上げられた。

新型の車体には、アルミと高張力スチールによる複合構造を採用。アルミの使用率は、全体の20%以上に達する。これにより、一般的なスチールボディ比で、約15%の軽量化に成功。「2.0TDI」グレードの場合、車両重量は1575kgに抑えられた。

エンジンは、ガソリン2機種とディーゼル3機種の合計5ユニットで、V型6気筒をメインに、直列4気筒も用意。燃費性能は、現行比で最大19%向上させた。遅れてハイブリッドも追加される。

このハイブリッドは、2.0リットル直列4気筒ターボ「TFSI」(最大出力211ps)に、モーター(最大出力45ps)を組み合わせたもの。2次電池は蓄電容量1.3kWhのリチウムイオンバッテリーで、最大3kmを最高速100km/hでゼロエミッション走行できる。

0-100km/h加速は7.3秒、最高速は238km/hとパフォーマンスも十分以上。それでいて、欧州複合モード燃費は16.13km/リットル、CO2排出量は142g/kmと、環境性能は高い。アウディは、「V6のパワーと4気筒の燃費を両立」と自信を見せる。

新型A6は2011年初頭、欧州市場で発売。ドイツでの価格は、3万8500ユーロ(約418万円)からと公表されている。

A6新型 A6新型 A6新型 A6新型 A6新型 A6新型 A6新型 A6新型 A6新型