今回フィーチャーされたフィアット・850達

毎年春と秋の2回開催されている、湘南ヒストリックカークラブ(通称SHCC)が主催するジムカーナ大会「SHCCミーティングat大磯」が28日、大磯ロングビーチ(神奈川県中郡)にて開催された。

今回の参加台数は90台以上で、ピーク時よりは台数は減ったものの、それでも、他のクラシックカーイベントがうらやむくらいの台数がジムカーナコースを駆け巡った。

これまでこのミーティングは、「戦前車」やジャガー『Eタイプ』など、何かしらのテーマを設け、単調になりがちな参加車に彩りを添えてきたが、今回はフィアット『850』という、1964年に登場したイタリアでは比較的メジャーなモデルがそれであった。

フィアット850は、日本では新車当時、正規輸入元の手で多くの台数が輸入されたが、近年ではクラシックカーイベントで見かけるくらいで、なかなか街中で見る機会は減ってしまった。しかし、今回は、展示車を含め8台もの台数が参加、また、ベルリーヌ、スパイダー、クーペと、ファミリアーレを除く全てのボディバリエーションを見ることができた。

次回の開催は来年6月5日、場所は同じく大磯ロングビーチを予定している。

ジムカーナで頑張るフィアット・850スパイダー。デザインはベルトーネだ こちらはフィアット・850クーペ フィアット・ジャンニーニ128NPラリー。フィアット128をベースにジャンニーニが手を入れた非常に珍しいモデル トライアンフ・ヘラルドが果敢にコースを攻める こんなクルマもジムカーナに参加するところにこのミーティングの魅力がある。アストンマーチンDB5 戦前車も積極的にコースを攻める。MG・TC ポルシェ911もコースを攻める 奈良から参加のトヨタ・スポーツ800。自走で往復したオーナーに拍手である ブルーバード2ドアクーペ。スーパーソニックラインと呼ばれるサイドの直線的でシャープなデザインが魅力的だ ファミリアロータリークーペ。甲高い独特の排気音でコースを駆け巡った スバル360ヤングSS。ヤングSSはスバル360の高性能モデルだ