ヴァンテージ GT4

アストンマーチンは25日、『ヴァンテージGT4』の2011年モデルを発表した。同車は、2008年11月に発表されたレース専用モデル。『ヴァンテージN24』の後継車にあたり、市販の『V8ヴァンテージ』をベースに開発された。過去2年間で、80台以上がデリバリーされており、世界のモータースポーツシーンで活躍している。

2011年モデルでは、戦闘力をアップさせるリファインを実施。4.7リットルV型8気筒エンジンは、コンピューターのチューニングが見直され、最大出力と最大トルクが若干アップ。アストンマーチンは詳細なスペックを明らかにしていないが、最大出力は450psクラスと推測される。

また2011年モデルには、ボッシュが開発したレース用ABSとトラクションコントロールを用意。ウェットとドライの両路面で、パフォーマンスが引き上げられた。

エクステリアは、エアロダイナミクス性能を向上。注目できるのは新デザインのバンパーで、市販の『V12ヴァンテージ』と共通イメージに変更された。

このバンパーによって、ブレーキやラジエーターの冷却性能がアップ。新デザインのカーボンファイバー製ディフューザーと大型リアスポイラーの採用や、アンダーフロアの整流効果アップも図られた。

アストンマーチンは、「2011年モデルは、従来よりも大幅にダウンフォースを高めた」と、その戦闘力に自信を見せている。

ヴァンテージ GT4 ヴァンテージ GT4 ヴァンテージ GT4 ヴァンテージ GT4