パナソニックシステムネットワークスは、モバイル機器向け組込み用3D変換モジュール『MediaArtist(メディアアーティスト)』の企業向けライセンス供与を、2011年1月4日より開始する。

これはモバイル機器を開発する企業向けに提供されるもの。

一般に普及している単眼カメラで撮った1枚の写真から3D画像を生成する「2D3D変換機能」と、同じ被写体を撮影した複数枚の視差のある2D画像から3D画像を生成する「マルチショット3D変換機能」がある。

高速な画像処理技術を活かしたアルゴリズムによって静止画だけではなく、動画のリアルタイム変換にも対応。2Dコンテンツを3Dで見たいというニーズに応える。

製品は、12月1日からパシフィコ横浜で開催される「組込み総合技術展 Embedded Technology2010」に展示される予定だ。