10月の国内自動車生産、エコカー補助金終了の影響で12カ月ぶりマイナス(写真はトヨタプリウス)

日本自動車工業会が30日発表した10月の国内自動車生産実績によると、四輪車の生産台数は前年同月比8.4%減の82万0861台となり、12か月ぶりに前年を下回った。

エコカー補助金制度の打ち切りによる反動減で国内需要が大きく落ち込み、国内の自動車生産台数も落ち込んだ。ほとんどのメーカーが国内生産台数は前年割れとなった。

車種別では、乗用車が同9.7%減の64万4965台となった。このうち普通乗用車は同0.3%増の38万7650台と横ばいだったものの、小型乗用車が同31.0%減の15万2466台と大幅マイナスで、軽乗用車も同1.8%減の10万4849台だった。

トラックは輸出が好調だったことから同0.1%増の9万7781台となった。バスは同0.9%増の8874台。

10月の国内需要は同23.2%減と大きく落ち込んだ。輸出は同10.9%増と好調だったが、全体をカバーできなかった。

一方、1〜10月の四輪車生産台数は前年同期比28.5%増ながら807万5984台となり、1000万台割れが確実だ。

10月の国内自動車生産、エコカー補助金終了の影響で12カ月ぶりマイナス(写真はトヨタプリウス)