フィット

体相場は反落。朝方は底固い動きが続いたが、金融引き締めに対する警戒感から中国・上海市場が急落すると地合いが悪化。円高・ユーロ安も影響し、輸出関連株を中心に売りが膨らんだ。

平均株価は前日比188円安の9937円と8営業日ぶりに1万円台を割り込んだ。一時1ユーロ=109円台と円高・ユーロ安が進んだことも嫌気し、自動車株は全面安となった。

ホンダが85円安の3010円と反落。トヨタ自動車が80円安の3220円、日産自動車が12円安の785円と反落した。