三菱重工メカトロシステムズは、日本気象協会(JWA)の予測データを使って太陽光発電設備の発電量を予測するシステムを開発、12月から販売開始する。

太陽光発電を導入した工場・設備で、計画的な省エネなどに利用してもらうもの。JWAの予測データを使って汎用の太陽光発電量予測システムを実用化するのは国内で初めて。今後、システムを活用した提案営業を積極的に展開していく。

今回開発した太陽光発電量予測システムは、JWAの総合数値気象予測システムの日射量予測データを使って、太陽光発電設備の33時間先まで1時間間隔の予測発電量を計算し、統計的な補正を加えた上で、翌日の日の出から日没までの太陽光発電量を割り出し提供する。すべての太陽光発電設備に適応できる。

同社は今後、太陽光発電を導入した事業所などを対象に、予測システムをエネルギー管理システムと組み合わせて、工場の計画的な省エネや電力運用、デマンド制御などに活用してもらう。また、予測データの配信サービスや、太陽光発電計測表示システムへの組み込みなど、新たなサービス分野の開拓も検討していく。