トレジア

富士重工業は、新型コンパクトカーとしてスバル『トレジア』を11月29日から発売開始した。トレジアは、トヨタ自動車の『ラクティス』をベースにしたOEM(相手先ブランドによる生産)供給車。トヨタが富士重にOEM供給する初のモデルとなる。

富士重は、2008年4月にトヨタ、ダイハツ工業との間で、開発や生産などの分野で提携することで合意し、トヨタと富士重は資本提携した。トレジアは、このアライアンスの成果としてトヨタからOEM供給を受ける商品で、スバルの軽乗用車と普通乗用車との間であるスモールカーで、スバルのラインアップを強化する。

トレジアは「New Compact Smart Wagon」をキーワードに開発した。フロントは、スバルエンブレム(六連星)を中心としたウィングモチーフのグリルと左右へ広がりのある安定したバンパー造形により、スバルらしさを強調したデザインを目指した。リヤは、台形シルエットと横基調のキャラクターラインを組み合わせ、低重心で広がり感と安定感を表現するとともに、ゲートガーニッシュはフロントグリルと同じメッキモチーフにした。

グレードはベーシックグレードの「i」、上級装備を採用したラグジュアリーグレード「i-L」、スポーティな装備を施した「i-S」、専用装備を採用したスペシャリティグレード「TYPE EURO」の4グレードで、TYPE EUROを除いて1.3リットルと1.5リットルを設定する。

TYPE EUROは1.5リットルのみで、スプリングのバネ定数、スタビライザー径変更などの専用チューニングを施し、ロールを適度に抑制することでスポーティで安定感のある操縦安定性を実現した。

価格は142万8000円から。販売目標は月間1000台。

トレジア トレジア トレジア トレジア トレジア