2010-2011 年末年始の過ごし方調査

フォートラベルは、同社が運営する旅行総合情報サイト「旅行のクチコミサイト フォートラベル」の会員を対象に「2010-2011 年末年始の過ごし方」アンケート調査を実施した。

調査結果によると、今期の年末年始の休暇日数の平均は6.7日で、昨年と比較して0.3日少ない。最も多い休暇日数は6日間で29.8%、次いで5日間で17.4%、7日間の17.3%と続く。

年末年始の「予定が決まっていない」人の割合は17.6%。予定が決まっている人のうち最も多いのは「自宅中心で過ごす」だったが、前年よりも10.9ポイントダウンして37.3%。円高の影響もあって「海外旅行」は5.2ポイント増加の24.3%、「帰省」も6.7ポイントアップの18.7%だった。

国内旅行予定者の旅行期間の平均は3.6日。最も多い旅行日数は3日間で33.8%、次いで2日間の24.7%、4日間は22.1%となった。行き先は沖縄県、東京都、長野県が人気。国内旅行・帰省予定者の出発のピークは12月30日、31日で、帰着日のピークは1月2日となった。

海外旅行予定者の旅行期間の平均は6.8日で、最も多い旅行日数が6日間で20.0%。続いて4日間が17.1%、7日間が15.9%の順。行き先はアジアが最も多く、特にタイ、韓国、台湾が人気。出国日のピークは12月29日、帰着日のピークは1月3日。年末年始に海外旅行を計画する人の利用空港は、成田空港が47.2%でトップ、今年、新国際ターミナルがオープンした東京国際空港(羽田空港)は17.2%にとどまっている。

2010-2011 年末年始の過ごし方調査 2010-2011 年末年始の過ごし方調査 2010-2011 年末年始の過ごし方調査 2010-2011 年末年始の過ごし方調査