日産 マーチ の衝突テスト

ユーロNCAPコンソーシアムは24日、新型日産『マイクラ』(日本名:『マーチ』)の衝突安全テストの結果を公表した。アウディ『A1』やMINI『クロスオーバー』、フォルクスワーゲン『シャラン』が得た最高評価の5つ星ではなく、4つ星に終わっている。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突29km/h、歩行者衝突40km/hで実施。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で行う衝突テストだ。

またユーロNCAPは、2009年2月から新評価システムを導入。評価の割合に応じたポイント配分システムを採用した。これは、最重要視される「成人乗員保護性能」には、ポイントの50%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」には各20%、エアバッグやABS、ESCなどの「安全補助装置の有無」には10%を配分するというものだ。最高評価の5つ星を獲得するためには、総合評価が90ポイント以上必要とされる。

新型マーチのテスト結果を検証すると、成人乗員保護性能は30点と、MINIクロスオーバーと横並び。子ども乗員保護性能は39点で、アウディA1とVWシャランに肩を並べる。

また、歩行者保護性能は21点で、アウディA1の18点、VWシャランの16点を上回る結果。安全補助装置の有無は、MINIクロスオーバーとVWシャランの5点に続く4点となった。

注目すべきは、日産マーチの総合評価。合計ポイントはVWシャランと同じ94点を得たにもかかわらず、総合評価はシャランの5つ星ではなく、4つ星なのだ。

この謎を解くカギは、前面衝突テストの結果にあった。新型マーチは前面衝突の際、ダミー人形の大腿部に受ける傷害レベルが、5段階評価で上から3番目の「MARGINAL」、同じく追突時のむち打ち確認テストが「MARGINAL」と評価されたのだ。

一方VWシャランは、日産マーチが「MARGINAL」と評価された部分は、どちらも最高評価の「GOOD」。その他の部分も軒並み「GOOD」評価で、唯一、ドライバー左足への傷害レベルが、5段階評価で上から2番目の「ADEQUATE」評価となっただけである。

ユーロNCAPは日産マーチのテスト結果について、「前面衝突の際、ドライバーの体格やシートポジションによっては、ダッシュボード内の構造材が乗員に傷害を与える可能性がある」と指摘している。

日産 マーチ の衝突テスト 日産 マーチ の衝突テスト 日産 マーチ の衝突テスト