セレナ新型

日産自動車が発表した10月の生産・販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は前年同月比11.6%増の36万3227台となり、10月として過去最高だった。

国内生産は同12.0%減の8万7215台と低迷した。国内向けが大幅マイナスとなったため。

国内販売は同24.1%減の3万3626台と落ち込んだ。エコカー補助金終了による反動減やモデルチェンジ前の『セレナ』の買い控えで不振だった。

輸出は同12.4%増の6万3749台と好調だった。北米向けが『ジューク』やインフィニティ『Gシリーズ』の増加で同27.4%増、欧州向けでは主にロシア向けが好調で同17.6%増と大幅に伸びた。

海外生産は同21.9%増の27万6012台と大幅プラス。単月で過去最高となった。スペインが同97.3%増とほぼ倍増となったほか、中国や米国、英国など、ほぼ全地域で前年を上回った。

フーガハイブリッド