全生産の6割を米政府が購入したマリブハイブリッド

2009年の就任以来、政府関係者の公用車に、ハイブリッドなどの低公害車を積極的に導入してきた米オバマ大統領。その実績が初めて明らかになった。

ブルームバーグが23日に報じたところによると、米政府は2009‐2010年の2年間に、少なくとも1万4584台のハイブリッド車を導入。この期間に購入した車両の約10%を占めたという。2008年の政府公用車に占めるハイブリッド車の割合は1%未満だったため、大幅な増加だ。

公用車として採用されたハイブリッド車の主力は、やはり地元米国メーカー。とくに、GMのシボレー『マリブハイブリッド』は、全生産量の64%を政府が購入した。GMは2009年、不人気を理由に同車の一般向け販売を中止したが、現在ではあたかも米政府専用車として、マリブハイブリッドは活躍しているようだ。

また、フォードの『フュージョンハイブリッド』は、全生産量の29%を米政府が購入。オバマ大統領の就任前の愛車として知られる『エスケープハイブリッド』に関しては、全生産量の14%を導入しているという。

もちろん、政府公用車ということで、各メーカーも最大限の「配慮」を見せる。大口のフリート契約ということもあり、一般向けの販売価格に対して、1台当たり平均5281ドル(約45万円)もの値引きが行われたということだ。

ちなみにハイブリッドの本家、日本メーカーの納入実績は、過去2年間にトヨタ『プリウス』が17台、ホンダ『シビックハイブリッド』が5台と寂しい限り。オバマ大統領にしてみれば、「YES WE BUY(アメリカン)ハイブリッド」、とでも言いたいところだろうか。

フュージョンハイブリッド エスケープハイブリッド