子どもの大学進学を意識する30〜40歳代。国公立大学を希望する親は、30歳代が約54%で、40歳代では73%に増加---。イードが運営する、子どもの教育・生活 リサーチ&情報サイト「リセマム」は、サイト利用者を対象に「年齢層別、子どもを進学させたい大学調査」を実施した。

アンケート結果を見ると、30歳代では「東京大学」と「慶應義塾大学」を希望するという回答が多いという結果が出ている。それが、子どもが実際に大学進学時期を迎えると思われる40歳代では、「東京大学」が高い一方で全体の過半数が「その他の国公立」と回答している。

「学費面で家計に優しい国公立大学への進学を求める傾向が表れたといえそう」とリセマム関係者は分析する。

調査期間 : 2010年10月20〜27日

リセマム
http://resemom.jp/
アンケート結果 URL
http://resemom.jp/enquete/result/3/