ターミナルモードのデモ機

ルネサス・エレクトロニクスは、車載情報機器とスマートフォンなどの携帯端末を連携させるインタフェース規格『ターミナルモード』をカーナビ向けSoC搭載のデモ機で実現した。

ターミナルモードは、車載電子制御ユニット(ECU)と携帯機器間のインタフェースの標準化組織「CE4A」が定め、ノキアが推奨するインタフェース規格。車載情報機器のディスプレイ画面上からスマートフォンの操作が可能となる。ナビ機能が無い車載情報機器でも、スマートフォンの持つナビ機能を車載ディスプレイに表示できるなど、スマートフォンの機能を車内に取り入れることができる。

今回のデモ機は、ルネサスのカーナビ向け半導体で培ってきた技術ノウハウを活かし、カーナビ向けSoCにオープンOSであるLinuxを実装し、その上にターミナルモードを実装することで実現した。

同社では12月1日〜3日に横浜市のパシフィコ横浜で開催される「組込み総合技術展(ET2010)」でターミナルモードのデモ機を出展するほか、2011年1月6日〜9日に米国ネバダ州ラスベガス市で開催される展示会「2011インターナショナルCES」でノキアブースに展示する予定。