東京汐留のイタリア街

3回目となるCoppa di Tokyoが去る23日、昨年に引き続き東京汐留のイタリア街で開催された。COPPA GIAPONE2010の最終戦となる東京は、88台のエントリーがあり、クラシックカーがイタリア街を埋め尽くした。主催はコッパディ東京実行委員会。

イタリア街はイタリアの街並みを再現するだけではなく、その街の運営自体に、イタリアの市民都市国家コムーネの精神を取り入れているところに意義があるという。また、その街の中心に広場があることから、この広場にクラシックカーを並べられたらこれ以上の舞台はないのではないかというのが、この街で開催され始めた経緯だと主催者はいう。

参加車両を見ると、特に今年はアルファロメオ100周年を記念し、アルファロメオをフューチャーしたこともあり、20台近いアルファロメオを見ることが出来た。特に戦前の『6C2300』やエレガントなボディをまとった『2600ツーリングスパイダー』は注目を集めていた。

このイベントは1dayのため、60kmほど都内をツーリングした後の表彰式まで若干時間出来る。そこで、「コンコルソ・デレガンツァ」を催し、人気投票をすることで、じっくりと参加車を見る時間を作るなど、楽しませる工夫が凝らされていた。

主催者によると来年も同様11月23日の勤労感謝の日に開催される予定だという。また、COPPA GIAPONE2011の初戦は「Coppa di Suzuka」として1月15〜16日に鈴鹿サーキットで開催される。

コンコルソ・デレガンツァで断トツの人気だったブガッティT13ブレシア 非常に珍しいボディを持っているアルファロメオ6C2300も参加 エレガントなボディをまとったアルファロメオ2600ツーリングスパイダーがゴール スタンゲリーニといえばとても小さなボディを想像しがちだが、フルアボディのこういったゆったりしたものもある。これはスタンゲリーニ1100Sフルア きれいにレストアなったランチア・アッピアザガートGTE 先日のラ・フェスタ・ミッレ・ミリアでも完走を果たしたシアタ・アミカがゴール BMWイセッタは女性2人でエントリー。無事完走を果たした こんなに可愛らしいオースチン7アローも参加 シボレー・インターナショナルACロードスター。ホイールは木製! アメリカ車といえばこれも。フォード・マスタングボス302 フランス車の参加は残念ながら2台のみ。その1台はこのルノー8ゴルディーニ。初代オーナーはアルピーヌの創設者、ジャン・レデレ氏だという個体