三菱重工空調システムは、新しい自動車用空気清浄機を開発、11月25日から販売開始した。

新型空気清浄機は、プラズマイオンによる噴出除菌と、バイオ・フィルターによる吸着除菌の「W除菌」、活性炭と電気集塵システム、プレフィルターにより、細菌やウイルス、ホコリ・花粉から臭いまで除去する初の本格的な車載型空気清浄機。

利用できる車内DC電源の電圧別に、乗用車・タクシー用『CTC015-12V』とトラック用『CTC015-24V』をラインナップする。本体はカマボコ型で、高さ55×幅127×奥行168mmとコンパクトで、シガーライターソケットを電源とする。

本体後面から吸い込まれた空気は、4重構造のフィルターを順次通過する。最初はプレフィルターが大きなゴミ、チリやホコリを除去した後、電気集塵フィルターが残ったチリやホコリ、花粉などを除く。脱臭(活性炭)フィルターは、独自の「MSC活性炭」により、排気ガスやタバコなど臭いのもとを脱臭する。そしてバイオフィルターが細菌、カビ、ウイルス活動を、その細胞壁に酵素で働きかけることにより抑制する。クリーンになった空気とともにプラズマイオンが発生して前面から噴き出し、1立法センチあたり150万個のイオン濃度で車内にただようウイルスや浮遊菌まで抑制し、ウイルス・花粉対策としても有効。

価格は12V用が2万3100円、24V用が2万6250円。