FJクルーザー

トヨタ自動車は、米国市場向けに投入していた大型SUVの「FJクルーザー」を国内に導入し、全国のトヨタ店を通じて12月4日から発売する。

FJクルーザーは「Rugged & Freedom 〜すべてはクルマを楽しむために〜」をコンセプトに開発、2003年のデトロイトモーターショーでデビューし、06年に北米で販売を開始した。

日本市場では、遊び心満載の本格4WD車として「個性的なスタイリング(見る)」「高い走行性能(操る)」「遊びに応える本物志向の装備(遊ぶ)」に加え、「自分好みにカスタマイズできるMyFJ(選ぶ)」という新しい販売手法で販売活動を展開する。

SUVでありながら両側大開口観音開きドアを採用することで2ドアクーペのようなスタイリッシュなスタイリングで、直立フロントウィンドシールドガラス、丸目ヘッドランプ、ホワイトルーフなど、力強く個性的。パワートレインはV6・4.0リッターガソリンエンジンを搭載し、パートタイム4WDシステムやリヤデフロック、アクティブトラクションコントロールの採用に加え、ショックアブソーバーにも最適なチューニングを施すことで、オンロードからオフロードまで本格4WD車としての高い走行性能を発揮する。

ラゲージスペースは、ゆとりのスペースを確保したほか、防水・撥水ファブリックシートやラバー調素材のフロア&デッキカーペット、大型ドアハンドル、大型シフトレバーノブ&トランスファーノブの採用など、室内にアウトドア志向の装備を設定した。

自分好みのMyFJにカスタマイズすることを促進するため、専用ホームページ上でトヨタ純正用品、モデリスタ用品など、様々なパーツを自由に組み合わせた上で、見積をシミュレーションできるサイトを立ち上げ、販売店を通して注文することも可能。

生産は日野自動車の羽村工場。

価格は314万円から。

FJクルーザー FJクルーザー FJクルーザー FJクルーザー FJクルーザー