ビックカメラ有楽町

25日、PS3用ソフト『グランツーリスモ5』の販売が開始された。前作「グランツーリスモ4」(2004年12月28日発売)から、約6年ぶりの新作登場となった。

グランツーリスモ5は、国内外で圧倒的なセールスを記録するレースゲームの最新作。開発の遅れを原因に幾度も発売延期を繰り返したが、ようやくの発売となった。

グランツーリスモシリーズの全世界合計の出荷本数は、2010年9月末現在、「プロローグ」などを含めるシリーズ合計では5636万本を数える。前作グランツーリスモ4』が1112万本、歴代の「グランツーリスモ3 A-spec」が1489万本、「グランツーリスモ2」が937万本、「グランツーリスモ」が1085万本となっている。

25日のグランツーリスモ5の発売では、東京のビックカメラ有楽町店は地下2階のゲームコーナーと、正面入口に特設コーナーを設置して対応。同日午前現在、レーシングパックの在庫も確認できた。店頭では特に行例が出来る様子もなく静かな販売スタートとなった。

11月25日発売