赤色立体地図サンプル

地図専門ショッピングサイト「MAPSHOP」を運営するデータクラフトは、『赤色立体地図』の取扱いを11月24日から開始した。

今回、新たに取扱うのは、「rrim50」「rrim10」の2種類の赤色立体地図デジタルデータ製品。赤色立体地図は、線も記号も光影も使わず、実際にそこにある地形を1枚の地図で立体的に見せる地形表現法。

各種地形フィルタの計算結果を画像に変換し、合成した疑似カラー画像で表現するため、従来の陰影や鳥瞰画像と異なって回転、拡大、縮小しても立体感を維持する。

また、地形図や航空写真との重ね合わせやGISでの利用も可能。観光案内用マップや登山用マップ、現地調査や地形判読の効率アップ、地調査・設計や公共事業の住民説明用資料、災害対策の資料、自然学習教材など、さまざまな用途での活用を想定している。