慶応大の電子学術書配信 実証実験イメージ

京セラの子会社、京セラコミュニケーションシステムは、京セラ丸善システムインテグレーション、慶應義塾大学メディアセンター(図書館)と共同で、12月15日から慶応大の学生・教職員約3万8000人を対象に、電子学術書配信の実証実験を開始する。

インターネット経由で電子ジャーナル、電子出版物の利用が世界的に広まっている中、日本語の電子学術書は、英語圏や中国語圏のものと比較して普及が遅れている。

大学図書館と学術出版社などが共同で、日本語の学術書の実際のデジタル化・運用に当たってどのような課題があるか調査することを目的に、実証実験を行う。

実証実験では、学術出版社から提供された学術書をデジタル化し、慶應義塾大学メディアセンターで学生・教職員が利用した上で、意見や評価を調査・分析する。これによって教育機関での電子書籍の利用モデルを検証する。

携帯型タブレット端末やスマートフォンなど、新しいメディアが登場しているため、実証実験では特定の環境に依存せず、さまざまなOSや端末、ファイルフォーマットに対応し、学生・教職員の多様なライフスタイルに合わせた学習環境を提供するオープンな電子学術書プラットフォームを目指す。

電子配信の学習用途での実用性、有効性を評価し、教育機関で今後の電子書籍、電子教材の普及促進、情報通信技術による教育の質の向上を図る。