PX-MiEV

三菱自動車が、2009年の東京モーターショーで初公開したプラグインハイブリッドコンセプト、『PX-MiEV』。同車が2013年にも、市販される見込みであることが判明した。

これは米国の自動車メディア、『autoweek』が22日に報じたもの。同メディアの取材に応じた三菱自動車の中村義和常務執行役員EVビジネス本部長は、新型プラグインハイブリッド車について、「開発の最終段階にある」と語ったという。

さらに中村氏は、このプラグインハイブリッド車に関して、「ボディタイプはSUVで、2009年の東京モーターショーに出品したコンセプトカー、PX-MiEVに近いものになるだろう」と、同メディアの取材に答えたということだ。

PX-MiEVは、2個のモーター(最大出力82ps)を基本に、補助動力として1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力116ps)を搭載。それぞれのモーターが前輪と後輪を駆動する4WDとなり、EVモードでは最大48kmのゼロエミッション走行を実現する。

中村氏は、このPX-MiEVの市販バージョンの発売時期について、「おそらく2013年」と同メディアに語っている。

PX-MiEV PX-MiEV PX-MiEV PX-MiEV PX-MiEV