多くのクルマが移動する年末年始、ETC休日特別割引を受けられるのは、2010年12月23〜26日、2011年1月1〜3日の延べ7日間となる。

7日間のうち12月24日金曜日(飛び石連休の谷間)と、1月3日月曜日が、平日でもETC休日特別割引を受けられる。

ETC休日特別割引は、土日祝日の都市間高速道路において、軽自動車・普通車の通行料金について上限が1000円になる割引。

ETC休日特別割引の導入当初は、道路混雑を分散させることを意図して繁忙期の平日にも適用していたが、逆に混雑を拡大する結果になり、最近は平日の適用例は減っている。