イメージ

20日午前5時55分ごろ、福井県福井市内の県道で、単独で転倒したとみられる自転車から投げ出された高齢男性を救助しようとした55歳の男性が、進行してきた軽乗用車にはねられる事故が起きた。この事故で2人が死傷している。

福井県警・福井署によると、現場をクルマで通りかかった勝山市内に在住する55歳の男性が、対向車線側で転倒している自転車と、その近くにいた高齢の男性を発見。クルマを降りてこの男性を介抱していたところ、対向車線を進行してきた福井市内に在住する39歳の女性が運転する軽乗用車が衝突した。

男性2人は近くの病院に収容されたが、自転車に乗っていた高齢男性がまもなく死亡。介抱していた男性も頭部強打の重傷を負った。自転車に乗っていたのは、後の調べで現場近くに住む84歳の男性と判明している。

現場は福井市曽万布町付近で、片側1車線。警察では2人をはねた女性から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞いている。