世界2位の表彰状

東京工業大学学術国際情報センター(GSIC)が、NEC、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、米国のNVIDIA、マイクロソフトなど内外各社の協力で開発し、11月から運用を開始した「クラウド型グリーンスーパーコンピュータ TSUBAME2.0」が世界最高クラスの省電力スパコンとしてランクされた。

スーパーコンピュータ(スパコン)の電力性能を評価する「The Green 500 List」の2010年11月版で、TSUBAME2.0は1ワットあたり958.35メガフロップスを記録し、世界2位になった。500 Listで日本のスパコンが上位になったのは初めて。

さらに電力性能を実験的に追求する小規模な構成での「The Little Green 500 List」では1ワットあたり1037メガフロップスで上位にランクインする予定で、省エネ型ラップトップと比較して3倍の電力効率を達成した。

また、スパコンの絶対性能ランキングを行う「The Tops 500 List」では1.192ペタフロップスで世界4位だった。同リストで日本のスパコンが1ペタフロップスを超えたのは初めて。10位以内にランクされたのは前機種のTSUBAME1.0の2006年11月以来、4年ぶり。5位以内は地球シミュレータ以来、5年半ぶり。

民主党政権の事業仕分けで、現在の蓮舫行政刷新担当大臣から「2位じゃダメなんでしょうか?」と、次世代スパコン開発の予算が削減された日本のスパコンだが、現在は高い水準にある。特に、今後のスパコンは絶対性能とともに電力消費量をいかに低減できるかが重要視されることから、日本のスパコン技術のレベルの高さを示した形だ。

特別賞 Greenest Production Supercomputer in the World の表彰状