ランマー専用エンジン「ER12」

富士重工業は、ランマー(土の締め固めに利用される建設機械)専用エンジン『ER12』を開発し、2011年2月から順次発売する。新開発エンジンは11月23日から中国・上海市で開催される国際建機展「bauma China」で発表する。

新開発エンジンは、建設機械の中でも特に高耐久、高出力、搭載性の良さが要求されるランマー用に特化して開発した。60〜80kg級ランマーを幅広くカバーできる。総排気量120cc、2.6kWの高出力ながら、クラス最軽量となる重量9.9kg、クラス最小となる縦横幅寸法で、高出力でありながら軽量・コンパクト化を実現した。

また、重心を左右バランスに配置し、ランマー用エンジンで重視される搭載しやすい設計とした。

始動時や運転時にオイル量を監視する「オイルセンサー機能」や、転倒時の「エンジン停止機能」、アイドリング放置時の「エンジン(自動)停止機能」を標準装備する。

一体クランクケース構造やダスト侵入を抑えた新型樹脂エアクリーナーの採用、オイル無補給運転時間の延長など、メンテナンス性や経済性にも配慮した。

同社は今回開発したランマー専用エンジン投入で、建機用エンジンの商品を強化、多様なニーズに対応できるグローバルな総合汎用エンジンメーカーを目指す。